古着

1シーズンに一回くらいは、季節代わりにそれまでのものの整理をすると良いです。


春から夏、夏から秋、秋から冬、そしてまた冬から春と、季節が変われば着る物も変わってきます。

いわゆる衣替えの時期についでに大掃除をすると気持ちもすっきりします。



そうやっていろいろと整理していると、もう着ないであろう服とかたくさん出てきたり。

そしたら、今流行のメルカリで売っちゃいましょう。


そのほうが服も幸せ!!





メルカリ


掃除 インフルエンザ

インフルエンザが大流行。


0-04xs.png


毎年流行している気がしますが、今年の流行り具合は異常ですね。


家に閉じこもっていれば大丈夫、と思ったらそうでもないようで。

一人暮らしでは、家に閉じこもってばかりもいられないですし。




その家の中も気をつけないといけません。


とくに掃除をしていないほこりっぽい部屋など。



インフルのウイルスがほこりと混ざると二日間くらいはアクティブみたいです。

だからそんなほこりが舞い上がるような掃除をすると吸い込んで感染する可能性もあるらしい。


フローリングワイパーなどで静かに掃除してなるべくほこりを舞い上げないようにするのがポイントだとか。



何にしても、体力と免疫力が落ちるような生活習慣は改善したほうがいいですね。








掃除 シミ

カーペットや布製のソファ、椅子など、汚れがシミになってしまうものがあります。

基本は、汚れがついたときになるべく早く落とすのが重要です。


0-84xs.png


問題は。その時の汚れの落とし方。

これを間違うとさらに汚れが悪化したり、シミになって落ちなくなります。



たいていの人は見ているとあわててティッシュなどで擦ってしまっていますが、これが大きなNGです。

擦れば擦るほど、生地のなかにより深く浸透してしまいます。


擦るのではなく、上から軽くたたく要領で汚れをふき取るティッシュや布のほうに少しずつ移していきます。

根気の要る作業ですが、これの繰り返しです。


水溶性の汚れであれば、水をつけた布を汚れの上からたたいていく。

専用の洗浄剤やシミ抜きでも要領は同じ。


擦らないのは基本です。


掃除の達人 すみずみ消しゴム

消しゴムで汚れを落とす!


時々、普通のプラスティック消しゴムで壁についた汚れを消す(!)事があります。

けっこうキレイに落ちますが、汚れの種類にもよります。


0-36xs.png


そしたら、掃除用の消しゴムというのを見つけました。

「掃除の達人 すみずみ消しゴム」


水アカやサビ、黒ズミなどの軽く拭いただけでは落ちないような汚れを専用に落とすクリーナー。


消しゴムでその威力を知っているだけに、掃除専用のものとあればひとつ欲しいです。




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

マーナ 掃除の達人 すみずみ消しゴムケース付 W086 【送料無料】
価格:885円(税込、送料無料) (2019/1/24時点)





床拭きロボット

ロボット掃除機、着実に普及しつつありますが、各メーカーはさらに先を進んでいます。

そうじするだけでなくて、フローリングなどの床を掃除する、床拭きロボット。



4f55f6b2a71981ff8e653e5777f4410c_ss.jpg



床拭きロボットといえば、アイボットのブラーバが有名ですが、パナソニックもこの春に新しい掃除家電を順次発表しますが、その第一弾にあるのが、ローラン(Rollan)という床拭きロボット。


市販の床拭きシートも使える汎用性の高さで、床拭きという新しいカテゴリーに参戦。


スティックタイプのハンドクリーナーもありますが、床を水拭きするのは結構力が要ります。

ましてや雑巾がけならなおさら。



それをロボットがやってくれるとなれば、これまた家事の効率化になります。

今ロボット掃除機を持っている人も、要検討でしょう。