掃除 シミ

カーペットや布製のソファ、椅子など、汚れがシミになってしまうものがあります。

基本は、汚れがついたときになるべく早く落とすのが重要です。


0-84xs.png


問題は。その時の汚れの落とし方。

これを間違うとさらに汚れが悪化したり、シミになって落ちなくなります。



たいていの人は見ているとあわててティッシュなどで擦ってしまっていますが、これが大きなNGです。

擦れば擦るほど、生地のなかにより深く浸透してしまいます。


擦るのではなく、上から軽くたたく要領で汚れをふき取るティッシュや布のほうに少しずつ移していきます。

根気の要る作業ですが、これの繰り返しです。


水溶性の汚れであれば、水をつけた布を汚れの上からたたいていく。

専用の洗浄剤やシミ抜きでも要領は同じ。


擦らないのは基本です。


掃除の達人 すみずみ消しゴム

消しゴムで汚れを落とす!


時々、普通のプラスティック消しゴムで壁についた汚れを消す(!)事があります。

けっこうキレイに落ちますが、汚れの種類にもよります。


0-36xs.png


そしたら、掃除用の消しゴムというのを見つけました。

「掃除の達人 すみずみ消しゴム」


水アカやサビ、黒ズミなどの軽く拭いただけでは落ちないような汚れを専用に落とすクリーナー。


消しゴムでその威力を知っているだけに、掃除専用のものとあればひとつ欲しいです。




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

マーナ 掃除の達人 すみずみ消しゴムケース付 W086 【送料無料】
価格:885円(税込、送料無料) (2019/1/24時点)





床拭きロボット

ロボット掃除機、着実に普及しつつありますが、各メーカーはさらに先を進んでいます。

そうじするだけでなくて、フローリングなどの床を掃除する、床拭きロボット。



4f55f6b2a71981ff8e653e5777f4410c_ss.jpg



床拭きロボットといえば、アイボットのブラーバが有名ですが、パナソニックもこの春に新しい掃除家電を順次発表しますが、その第一弾にあるのが、ローラン(Rollan)という床拭きロボット。


市販の床拭きシートも使える汎用性の高さで、床拭きという新しいカテゴリーに参戦。


スティックタイプのハンドクリーナーもありますが、床を水拭きするのは結構力が要ります。

ましてや雑巾がけならなおさら。



それをロボットがやってくれるとなれば、これまた家事の効率化になります。

今ロボット掃除機を持っている人も、要検討でしょう。


日立 ロボット掃除機 ミニマル

ロボット掃除機がほしいけれど、部屋がせまいから充分活用できるかどうかわからない。

狭い箇所が多いから隅々まで掃除できないのではないか。


41bed6b368828e8ecf82f91dc0ef73dd_ss.jpg


日本の住まいにあるあるの懸念ですね。


ロボット掃除機が世に出てからずいぶんと経ちますが、普及してきてはいるものの未だに買うのを躊躇している人も多いみたいです。

特に上記の理由だと。



だからこその最小のロボット掃除機。

横幅が25cm、高さ9.2cm。

他のメーカーのロボット掃除機だと、大きいものは 45cmの幅があるものもあります。


いかに小さいかわかるでしょう。


最近は、家具を買うのもこのロボット掃除機が下を通れる高さがあるかどうかが購入の決め手になる事も多いそうです。


小さいとより狭いところも掃除できますからね。


ロボット掃除機が掃除できなかったところを自分で掃除機をかけるという手間がかなり省けます。




日立 ロボット掃除機 (ディープシャンパン)【掃除機】HITACHI minimaru(ミニマル) RV-EX20-N

新品価格
¥75,200から
(2019/1/7 09:29時点)





掃除 無印良品

機能的で使いやすく品質も良いものが多い無印良品。

掃除関連のグッズも気の効いたものがあります。


0-42xs.png


たわしや細かいところ用を掃除するブラシなど100均でもありますが、無印でも値段が変わらないものもあります。

無印には時々買い物に行くので、ついでにちょっとのぞいてたりしています。



基本的に、スポンジやブラシ類は消耗品なので常にスペアを買ってあります。

今使っている物がダメになってスペアを使い始めたときが、次のものの買い時。


そうすると切らす事がありません。


posted by そうじまんじ at 06:12掃除機