床拭きロボット

ロボット掃除機、着実に普及しつつありますが、各メーカーはさらに先を進んでいます。

そうじするだけでなくて、フローリングなどの床を掃除する、床拭きロボット。



4f55f6b2a71981ff8e653e5777f4410c_ss.jpg



床拭きロボットといえば、アイボットのブラーバが有名ですが、パナソニックもこの春に新しい掃除家電を順次発表しますが、その第一弾にあるのが、ローラン(Rollan)という床拭きロボット。


市販の床拭きシートも使える汎用性の高さで、床拭きという新しいカテゴリーに参戦。


スティックタイプのハンドクリーナーもありますが、床を水拭きするのは結構力が要ります。

ましてや雑巾がけならなおさら。



それをロボットがやってくれるとなれば、これまた家事の効率化になります。

今ロボット掃除機を持っている人も、要検討でしょう。


日立 ロボット掃除機 ミニマル

ロボット掃除機がほしいけれど、部屋がせまいから充分活用できるかどうかわからない。

狭い箇所が多いから隅々まで掃除できないのではないか。


41bed6b368828e8ecf82f91dc0ef73dd_ss.jpg


日本の住まいにあるあるの懸念ですね。


ロボット掃除機が世に出てからずいぶんと経ちますが、普及してきてはいるものの未だに買うのを躊躇している人も多いみたいです。

特に上記の理由だと。



だからこその最小のロボット掃除機。

横幅が25cm、高さ9.2cm。

他のメーカーのロボット掃除機だと、大きいものは 45cmの幅があるものもあります。


いかに小さいかわかるでしょう。


最近は、家具を買うのもこのロボット掃除機が下を通れる高さがあるかどうかが購入の決め手になる事も多いそうです。


小さいとより狭いところも掃除できますからね。


ロボット掃除機が掃除できなかったところを自分で掃除機をかけるという手間がかなり省けます。




日立 ロボット掃除機 (ディープシャンパン)【掃除機】HITACHI minimaru(ミニマル) RV-EX20-N

新品価格
¥75,200から
(2019/1/7 09:29時点)





掃除 ロボット

掃除をロボットにさせる。


fc5525ced6c0c30f28e11916828527a5_ss.jpg


ではなくて(笑)、


いわゆるロボット掃除機。

ひところの騒ぎはひと段落したようですが、これ以外とまだそんなに広まっていないみたいですね。


たしか、今後買いたい家電ランキングの上位に入っていたと思います。

という事は、まだ買っていないという事。



日本の住宅事情では、いろいろと課題もあるようですね。

さらに一人や二人暮らしでは、部屋が狭かったり、置いてあるモノが多かったりするので使えないという問題もあるようです。


小さな部屋なら、自分で掃除機をかけてもたいして手間でもないし。



あとは、海外と比べると生活習慣の違いもあるでしょう。

日本は、床に座布団を敷いて座ります。

テーブルと椅子なら、お掃除ロボットも動き回れますが、日本式だとまずどかさないといけない床にあるものが多い。



構造的な問題という事でしょうか。